曽於市・都城市の方が 多く通い続けている 鍼灸整体院 「源氣鍼灸治療院」の「不妊症」の 症例です

不妊症でお悩みの方へ

このようなお悩みはありませんか?

  • 妊娠を望んでいるが中々授からない
  • 妊娠に向けて身体づくりをしたい(妊活)
  • 人工授精・体外受精の効率を上げたい
  • AMH値が低くて心配している
  • 排卵誘発剤などの薬の副作用を何とかしたい

不妊に対する考え方

不妊症治療でお腹に置鍼、母体の健康回復へ

当院では不妊は病気ではなく、“不妊状態”だと捉えています。

それは、東洋医学では身体のエネルギーバランスが崩れることによって、妊娠しにくい状態になっていると見るからです。

不妊になる主な原因として、疲労やストレスの蓄積による“身体機能の低下”が考えられます。

そのため、不妊以外にも肩こりや頭痛、生理痛、冷え性などの様々な症状を抱えている方が多くいます。

東洋医学では、不妊には複数のタイプがありますが、「血の不足(血虚)と「血の停滞(瘀血) が主な要因に挙げられます。

子宮は血によって栄養されているため、血を大量に必要とします。
しかし身体の血の量が少ないと、血は生命維持のため、他の重要器官に優先的に配分されるので、子宮は冷えて赤ちゃんを育てる準備ができなくなります。

不妊の方に冷え性が多いのはこのためです。

治療方針

身体機能を正常化することで、赤ちゃんを育むことのできる、生命力あふれる身体へと体質改善していきます。

不妊であるということは、「このまま妊娠すると母子の健康にリスクがありますよ」という身体からのメッセージなのかもしれません。

ですから、先ずは頑張ってきたご自身の身体を大切にして、何よりもご自身が元気になることを最優先していただきます。
それが妊娠への一番の近道になります。

治療を続けていくと、身体そのものが元気になっていきますので、肩こりや頭痛、生理痛、冷え性など、その他の症状が徐々に解消されて、身体が楽になっていきます。

このポジティブな変化を、妊娠に向かって身体が回復し始めている“指標”と捉えてください。

症状があるということは、それだけで身体のバランスが崩れているという証拠になりますから、これが改善するということは、妊娠に一歩近づいたということになります。

不妊治療は大変なご苦労を伴うと思います。
だからこそ当サロンでは、身体が元気になっていく変化を楽しめるような、そんな前向きな治療にしていきたいと思います。

病院の治療との併用

不妊治療は、医学的に高度な判断や処置を伴う場合もありますので、もちろん病院治療との併用は可能であり、また必要です。

人工授精や体外受精など、鍼灸治療と併用することで効果が高まります。

実際に各国の研究機関(アメリカ生殖医学会や明治鍼灸大学など)の実験でも、鍼灸治療の有効性が明らかにされています。

病院の不妊治療は、どうしても排卵誘発剤などで身体に負担をかけるため、体力が弱り、逆に妊娠力が落ちる場合もあります。

そこで鍼灸治療と併用することで、身体を元気に保つことができ、病院治療の効果がより高まります。

治療計画

鍼灸治療(経絡治療)を中心とした施術を行います。
経絡治療によって、血の量を増やし、あるいは停滞している血の流れを良くして、子宮および全身に血が巡るように促します。
また、脊柱調整やクラニアルで身体機能を根底から強化していきます。
(※メニューは「経絡治療GENKI」もしくは、「経絡治療MASTER」からお選びいただきます)

さらに必要に応じて、骨盤調整やゆる体操の指導を行います。

妊娠率は、不妊でない場合でも20%程度と言われており、ある程度時間がかかるものと思ってください。

当院では、基本的には週1回の治療を6ヶ月から1年間続けていただいております。最低でも3ヶ月は必要です。

人工授精・体外受精に関しても同様です。
(※ただし移植までの期間が短い場合は、週2〜3回集中して行うこともあります)

その他排卵日や移植の前後など、必要に応じて施術を加えます。

妊娠後のサポートについて

赤ちゃんを抱く女性

治療のゴールは妊娠ではなく、出産です。

当院は妊娠後もサポートを行っております。

つわり対策、流産防止、体調管理、逆子対策、安産対策…など、妊娠してから気をつけることは沢山あります。

何よりも母体の健康こそが、赤ちゃんの健康につながります。

そして様々な想いの中、不妊を乗り越えたからには、楽しい妊娠生活を送ってもらいたいと思っています。

その手に赤ちゃんを抱く日まで、しっかりサポートさせていただきます。

不妊症・妊活のためのコラム

“卵子の質”が妊娠への絶対条件

生理痛・PMS

冷え性

患者さまの声

「自分自身が元気であれば良いこともたくさん舞い降りてくる」

症状 :頭痛、冷え性、肩甲骨のこり、妊活、胃痛
お名前 :A.H.様
性別  :女性
ご年齢 :30歳
お住まい:都城市
ご職業 :会社員

---当院を何で知られましたか?

インスタグラム

---最初はどのような症状がありましたか?

頭痛、冷え性、肩甲骨のこり、妊活、胃痛

---当院に通院するようになって、どのような変化・改善がありましたか?

最初は、週1回頑張って通院するようにしました。
2週間過ぎた所で、雨の降る前の頭痛がうそのようになくなりました。
約10年間悩んでいた偏頭痛が!!!さよなら〜できました!!

---体調が良くなって一番嬉しいこと、良かったことはなんですか?

天気に悩まされず、仕事もプライベートも楽しく過ごせるようになった。
通院して3ヶ月で妊娠もし、先生には感謝の気持ちでいっぱいです。

---鍼灸が初めてという方や、同じような症状で悩んでいる方へのアドバイスやメッセージをお願いします

私が始めたキッカケは、自分の体調管理をしっかりしたいという思いが強く、自分自身が元気であれば良いこともたくさん舞い降りてくるのでは、と考えていたからです。
お母さんになりたいと言う願いもその1つです。
年齢のこともあるし、できる時に、やれるうちにチャレンジしようと好奇心が強い私が、今、無事に安定期にも入り、夏のお産に向けてマタニティライフを楽しんでいます。私は不妊と言う言葉は嫌いです。同じ事で悩んでいる人に、まずは自分の体づくり、体調を整えることを第一に思って欲しいと思います。

施術後元気なAH様と記念撮影
AH様のアンケート用紙
※施術の効果は体質や生活環境によって個人差があります。効果を保証するものではありません。

症例補足

こちらの患者様は、20代半ばの頃、病院の不妊治療を数年間続けていましたが、検査結果に何にも異常がないにも関わらず、妊娠できずに悩まれたご経験のある方です。

そして今回は、「妊娠も視野に入れながら、まずは体調を整えたい」と、元気な身体になることを求めて当サロンにお越しくださいました。
このことは、当サロンの方針と同じであったため、頭痛や冷え性などの症状と、体質の改善を同時に行いながら、健康な身体づくりを目指しました。
そして徐々に体調も良くなってきた頃、約3ヶ月後、無事に「自然妊娠」することができたのです。

また、こちらの方は、ご夫婦ともに施術を受けられており、それも良い結果に結びついた一因と考えております。

現在は安定期に入り、安産のための施術 を行っております。

不妊治療~体外受精を乗り越えて

症状  :不妊
お名前 :M・A様
ご年齢 :42歳
ご職業 :主婦

---当院を何で知られましたか?

ブログ(アメーバ)

---最初はどのような症状がありましたか?

不妊治療を2回挑戦したが妊娠せず、1ヶ月後の3回目に挑戦する前に冷え性を治したかった

---当院に通院するようになって、どのような変化・改善がありましたか?

自分の身体が軽くなって、びっくりした。
冷え性も改善し、生理前は便秘ぎみだったのに便秘も改善した。
花粉症もあるが、薬を飲まずに過ごせた。

---体調が良くなって一番嬉しいこと、良かったことはなんですか?

3回目の挑戦で無事妊娠した。
妊娠してからも快便です。

---鍼灸が初めてという方や、同じような症状で悩んでいる方へのアドバイスやメッセージをお願いします

鍼が恐かったけど、実際してみると痛くもないし、自分では気づかなかった部分まで良くなるので、少しでも体調不良があるのなら、治療を受けると良いと思います。

M・A様のアンケート用紙
※施術の効果は体質や生活環境によって個人差があります。効果を保証するものではありません。