曽於市・都城市の方が 多く通い続けている 鍼灸整体院 「源氣鍼灸治療院」の「顔面神経麻痺」の 症例です

顔面神経麻痺でお悩みの方へ

このようなお悩みはありませんか?

  • 片側の顔面が動かせない
  • 水を口に含むと、口の端から水がこぼれる
  • まぶたを閉じることができず、目が痛く涙が出る
  • しわがなくなり、のっぺりと垂れ下がっている
  • 片側だけ表情が全くない
  • 鼻が曲がっている
  • 味覚がない、味覚がおかしい
  • 患側の音が大きく聴こえる
  • 耳に水疱や痛みがある
  • 最近長時間冷たい風に当たっていた
  • 最近帯状疱疹にかかった

顔面神経麻痺とは

顔面神経麻痺に悩む女性

顔面神経麻痺は、脳神経のうち、顔面神経に支配されている顔面筋が麻痺する疾患で、顔面の片側だけ動かせなくなります。痛みはありません。

片方の顔面筋が麻痺するため、片側が全く動かない、まぶたが閉じない(目が乾いて痛い、涙がこぼれる)、おでこのしわ寄せができない、口を尖らせて口笛を吹けない、水を含むと口から水がこぼれる、鼻が健側に曲がる、しわがなくなりのっぺりと垂れる、口角が下がる、頬が垂れ下がる、表情がなくなる、舌が健側に曲がる、また顔面神経は舌の前3分の2を支配しているため、味覚が障害されることもあります。

顔面神経麻痺は、治療が早ければ早いほど効果的ですので、発症したら直ちに耳鼻科を受診してください。発症後1週間以内が効果的です。

※もし麻痺側のおでこのしわ寄せができる場合は、中枢神経系に問題がある可能性(脳梗塞や脳出血)があるため、脳神経外科への救急受診をしてください。

顔面神経麻痺(末梢神経)の種類

顔面神経麻痺には、ベル麻痺とハント麻痺(ラムゼイ・ハント症候群)の2種類がありますが、全体の80%がベル麻痺と言われています。

両者の違いは、ハント麻痺には外耳に水疱が現れたり、難聴・耳鳴り・めまいなど聴覚障害が見られることです。しかしこれらを伴わない所見もあり、鑑別は難しいとされています。ハント麻痺はベル麻痺に比べ症状が重く、治りにくいと言われています。

顔面神経麻痺の原因

顔面神経麻痺の原因は、寒冷暴露(長時間冷たい風に当たる)やヘルペスウィルス感染、帯状疱疹ウィルス、免疫異常などが原因とされていますが、明確な原因は不明です。

ベル麻痺は、主に1型単純ヘルペスウィルスの感染が原因と言われ、感染により顔面神経が炎症を起こすと、腫脹(むくみ)した神経が側頭骨の顔面神経管を通る際に圧迫され、神経伝達が阻害されることで発症すると考えられています。

ハント麻痺は、帯状疱疹ウィルスによる感染が原因と言われています。帯状疱疹ウィルスは水疱瘡のウィルスが、免疫力が落ちたために発現します。このウィルスが耳周囲から顔面神経に感染することで、発症すると考えられています。

後遺症

症状が重度であった場合や治療が遅れた場合など、後遺症として顔面筋のこわばりや痙攣、共同運動が起こることがあります。

共同運動とは、口を動かした時に目が閉じるなど、異常な運動が起こることです。顔面神経が支配していた表情筋とは違う表情筋に迷入することで、発症します。マッサージなどの強い刺激が助長することもあります。

治療方法

抗ウィルス薬、副腎皮質ステロイド薬、ビタミンB12 が使われます。原因となるウィルスを除去し、あとは自然に治ることを待ちます。
また軽めのマッサージによるリハビリもあります(表情を出さず優しくマッサージします)。
さらに手術により神経が通る骨を削り、神経を取り巻く鞘を切り開き、神経の圧迫を取り除く方法があります。

当サロン(経絡治療)の治療法

顔面神経麻痺は、ある日突然発症する疾患ですが、その背景には必ず疲労やストレスの蓄積があります。
従って、この疲労やストレスによって低下した身体機能を回復しなければ、根本的な改善には至りません。

東洋医学では、顔面神経麻痺は、風邪(ふうじゃ)や寒邪の侵入により、血が燥いて少なくなり顔面が冷えることで麻痺が起こります。

この時、顔面の表面は冷えていますが、その下(陽明経)には熱がこもり停滞しています。このこもった熱を表面まで浮上させなければ、冷えた顔面を温めることはできません。

治療法としては、先ずは血を増やして循環を改善し、その上で手足を使って顔面の冷えを取り、動きを回復していきます。

顔面の病気ということで、顔面主体の施術をすると思われがちですが、身体の治療が中心となります。

何故なら病気は顔面のみの問題ではなく、全身のバランスが崩れることで発症しているからです。

身体の方からじっくり治療をしていくことが大切です。

当サロンの治療計画

笑顔の女性

顔面神経麻痺になったら、直ちに耳鼻科を受診してください。早ければ早いほど効果的で、遅くとも1週間以内には必ず受診してください。

そして、同時に並行して鍼灸治療を受けることを強くお勧めします。
何故なら、病院の治療のみで回復しない場合も少なからずあり、治療期間が長引いた分、回復力そのものが衰えるからです。
また、再発した方の治療は治りにくい傾向があります。

治療頻度は、発症直後は週に2〜3回程度、1ヶ月で10回は集中して通っていただきたいと思います。回復の早い人でも完治するのに1ヶ月はかかります。

発症後2ヶ月以内は、週に1〜2回、それ以降は週1回を目安にしてください。

顔面神経麻痺は原因がほぼ不明なため、回復には個人差があります。

再発しないためにも、後遺症を残さないためにも、1日も早く治療を開始することが大切です。

関連症状

めまい

メニエール病

肩こり

患者さまの声

顔面神経麻痺「私は1か月でほぼ完治したのは鍼効果だなぁ~」

症状  :顔面神経麻痺
お名前 :T・T様
性別  :女性
ご年齢 :55歳
お住まい:曽於市
ご職業 :保育士

---当院を何で知られましたか?

当院の案内が郵便ポストに投函されていました。

---最初はどのような症状がありましたか?

顔面神経麻痺で来院しました。

---当院に通院するようになって、どのような変化・改善がありましたか?

麻痺になる前、肩凝りと腰痛がありましたが、翌朝からピタッと症状が治まったのには感激でした。
肩にも腰にも直接施術していないのに、神の手です!!
あれから4ヶ月肩凝り知らずです-^v^-

---体調が良くなって一番嬉しいこと、良かったことはなんですか?

知人の話で、同じ年代の人が顔面麻痺になり、2ヶ月病院に通い、その後リハビリで通院をしているという話を聞いて、私は1ヶ月でほぼ完治したのは、鍼効果だなぁ〜と身を持って体験した。
鍼灸の素晴らしさを皆に伝えたいと思いました。

---鍼灸が初めてという方や、同じような症状で悩んでいる方へのアドバイスやメッセージをお願いします

知人には鍼を恐がっていた人もいましたが、私の体験を知って通うようになり、恐がっていたのが嘘のように、鍼灸ファンになってますよ〜^v^
病院に通っても完治しない病気をお持ちの方、鍼灸治療をお試しください。


T・T様のアンケート用紙
※施術の効果は体質や生活環境によって個人差があります。効果を保証するものではありません。

症例補足

初診時は、右の顔面全体が麻痺して、全く動かせない状態でした。
右口角は垂れ下がり、鼻は左に曲がり、右目はまぶたを閉じることができず涙が流れ、シワも伸びて皮膚が垂れ下がり能面のように無表情、味覚も麻痺し何を食べても美味しく感じない、人と会うのも億劫で気分が落ち込みがちという状態でした。
症状が出てすぐ耳鼻科を受診され、並行して当サロンでの治療を開始しました。耳鼻科では「後遺症が残る」と言われたそうですが、週2〜3回の治療を約1ヶ月間行ったところ、綺麗に完治しました。
すぐに治療を開始したことが功を奏したと言えます。
顔面神経麻痺は、治療開始が早ければ早いほど効果的で、1週間以内の治療をお勧めしています。